格安SIMはどのスマートフォンでも使えるのか

subpage1

格安SIMはどのようなスマートフォンでも利用することができるのでしょうか。

こだわりの高い格安SIMの特別な情報を載せています。

実は利用できるスマートフォンはある程度限定されます。

なぜかというと、格安SIMが利用するネット回線向けに作られた端末でないと、本体に差し込むことはできてもネットに接続することはできないからです。
そのため、SIMを選ぶ場合は、利用する予定のスマートフォンでSIMが確実に使えるかどうかを確認しなければなりません。



格安SIMを提供する会社が自社で独自に調べた適合表をウェブサイトで発表してくれることもあり、その場合、持っている端末が表にあって「利用可能」になっていれば問題なく使うことができます。
たまに、「一部の機能が利用不可」となっていることがありますが、これはアンテナピクトの表示に問題が出ているケースが多いです。
アンテナピクトとは電波をどれぐらいの強さで受信しているのかがわかる表示で、通常、三本の棒になっています。


格安SIMを差し込むと、実際は電波を受信しているにもかかわらずアンテナピクトが表示されない機種があり、その場合「一部の機能が利用不可」ということになるのです。
格安SIMを提供している会社のサイトに適合表がない場合は、そのSIMがどこの携帯キャリアの回線を使っているのかを確認しましょう。

所持しているスマートフォンがその携帯キャリアのものであれば、使える可能性はかなり高いです。



また、SIMフリーと呼ばれる、どの携帯キャリアの回線を利用しているSIMであっても適合できるスマートフォンであれば、回線の種類を気にする必要はほぼありません。


しかし、SIMフリーであってもLTE通信は非対応で3G通信のみ対応している機種の場合は、利用できないSIMもあるので注意しましょう。

格安SIMの大人の常識

subpage2

格安SIMは、従来の大手携帯電話会社のスマートフォンよりも割安に使う事が可能であり、高速データ通信がお得に使えるのはもちろんの事、一定の工夫(データ通信を使う無料通話アプリ・800円台で提供されている10分かけ放題の定額プラン)をすれば音声通話も安価に抑える事が出来ます。格安SIMの基本的な契約スタイルは、新規契約・MNPによる加入が多く、端末とSIMカードを同時に購入・以前から使っていた端末をそのまま新規契約したSIMカードに挿して使うケースがほとんどです。...

next

格安SIMの知っておきたい情報

subpage3

一般的に格安SIMでは二種類の回線速度が使えるようになっています。まず、数Gbpsから数十Gbpsの速度を誇るLTEや3Gなどの高速回線、もう一つが最高で200Kbps程度の低速回線です。...

next

格安SIMの身になる知識

subpage4

大手キャリアは、自社が管理・運用している通信インフラを広く他業種の企業に貸し出しています。この通信インフラを借りた企業は、MVNOとして消費者に大手キャリアよりも安い月額料金でモバイル回線としてサービスを提供しています。...

next

格安SIMの皆が知りたい情報

subpage5

国内において携帯キャリアの数はほとんど増えていませんが、格安SIMを提供する会社は右肩上がりで増えています。なぜ企業は携帯キャリアではなく格安SIMサービスを選択するのかというと、携帯電話会社を一から作るのに比べて圧倒的にコストがかからないからです。...

next